未分類

結婚式の新郎衣装は昼と夜で違う!?新郎の衣装を簡単にまとめてみました

こんにちは☆ ともこです(*´ω`*)

 

今日は新郎の衣装について!!!

少しだけ語ろうと思います♡

 

 

結婚式の衣装っていったら

そりゃぁもう 花嫁が主役で、新郎なんて脇役でちっとも目立たないですよ!

と お思いのあなた。

 

 

 

そ、、、、そうですよね、、、、、( ;∀;)

 

確かに花嫁のドレスは、とにかくボリュームもあるし、華やかだし、

 

「目立つのは新婦の役目!

新郎の衣装なんて なんでもいいよ~」

 

 なんて思ってる人も多いと思います。

 

 

ですが、新郎も立派な主役

 

 

花嫁の衣装が決まってから、新郎の衣装を考えたり合わせることが一般的ですが、

(シャツの色や柄、スカーフやネクタイの色や柄ね♪)

 

 

新郎の衣装も 意外といろいろあるんですよ(*´ω`*)

 

私はあんまり新郎の衣装には詳しくなかったんですが、

 

旦那になる彼、(当時の彼氏)は

衣装合わせに行くずいぶん前から、

 

いつも 

 

いつもいつも

 

 

いつもいつも いっつも

 

 

 

「俺はフロックコートが着たい」

 

 

と しつこく 頻繁に言っていました。

もうわかったよ! ってツッコんでました (笑)

 

なんでもいいよーって思っているあなたも

少しだけどんな衣装があるのか 知ってみても損はありませんよ(*´ω`*)

 

結婚式・男性の衣装

モーニング

 

昼間から日没までの正礼装です。

ジャケットは、ウエスト付近の前から、後ろに向かって長くなるように斜めにカットされている衣装です。

新郎のお父様も着られる衣装ですね(*´ω`*)

 

フロックコート

 

昼夜兼用の正礼装です。

ひざ丈まである長いジャケットが特徴です。

これは、背の高い新郎にぜひ着てほしい、カッコイイ衣装ですよ♡

 

 

背が高い人は 超かっこよくキマりますよ~♡

 

 

燕尾(えんび)服

 

もっとも格が高い とされている夜の正礼装です。

ジャケットの背中側の裾が、燕(ツバメ)の尻尾のように二手に分かれているのが特徴です。

ツバメの尻尾のような背中だから燕尾服と言われるんですね♡

テールコートとも呼ばれています。ジャケットの前が短いので足長効果抜群です!

 

 

タキシード(ロングタキシード)

 

タキシードも夜の正礼装です。燕尾服よりは略式とされています。

結婚式では割と昼間でも着られている衣装のようですが、

知っている人がみたら、「えっなんで昼間にタキシード・・・?」

 

と思われる”かも?”

 

最近は タキシードの中でも、ジャケットの丈が長いロングタキシードが流行しています。

 

 

 

結婚式で新郎が絶対に着てはいけない衣装=スーツ

 

スーツは決してフォーマル衣装ではありません。

 

そもそもスーツは“インフォーマル”と言って、フォーマルではない、つまり

正式な礼装ではありません

 

結婚式はゲストを”おもてなし”します。

新婦が華やかなドレスを着ているのに、隣にいる新郎がスーツでは

とても釣り合わないし ”おもてなしする側”としては、ゲストに対しても大変失礼になります。

 

「スーツでええじゃないか」

という気持ちが もしもあったならば

捨ててくださいね(*´ω`*)

 

 

まとめ

 

今日は新郎の衣装について 少しだけ語らせていただきましたがいかがでしたか?

 

新郎も立派な主役です。

朝 昼 夜 それぞれで正礼装が異なるので

 

どんな衣装が着たいのか、

結婚式を挙げる時間帯を意識して選んでみてくださいね♡

 

俺はなんでもいいよ~という気持ちが、もしかしたらあるかもしれませんが

衣装合わせを楽しんでみてくださいね♡

 

体型や身長で、似合う衣装が違ってきますが、コーディネーターの方が

あなたの最高にかっこいい衣装を必ず見つけてくれるはずですよ♡

 

ではでは今日は この辺で(*´ω`*)